結婚式場にある家具までこだわりたい!

日本では嫁入りをするときに親が幸せになってくれるようにという気持ちを込めて、
高いお金を出して特注家具を作ることがあります。
しかしアジア諸国の一部では、嫁ぎ先だけでなく
結婚式場の家具にまでこだわることがあります。
アジア諸国の養子縁組を行うときや、花嫁を迎えるときは、
結婚式場でお披露目をすることが少なくありません。
両家の一族が結婚式場に集まるので、参加者はとても多くなります。
初お披露目の場ですから、花嫁さんや養子の来る人の印象を良くするために、
ある意味、見栄を張るぐらいの豪勢さを演出します。
そのため結婚式場の家具までこだわるようになり、
レンタルもできますが特注家具をわざわざ大枚をはたいて作る富裕層もいます。

アジアの養子縁組事情を調べてたら韓国のカラコン販売サイトに行きついたwww

カラコンは使用することで目の色を変えることが可能です。
人の目は引用を決める上でも非常に重要なパーツであり、
その色が国籍や人種を表すというケースもあります。
その中で最近注目を集めているものが、カラコンと養子縁組事情についてです。
養子は多くの国で存在する制度であり、アジアでも認められています。
しかし多くはより同じような国籍・人種の人を選びたがる傾向にあるため、
見た目を変えて偽るというケースもあります。
その際に韓国のカラコンを用いているケースが多いです。
韓国のカラコンには種類が非常に豊富なことに加えて価格も安く量産されています。
また様々なケース・人に需要を集められるように作りたいものを作ったりも可能です。
そのため見た目を変えて容姿になろうとする人に人気です。

CD買取ショップで聞いた話

最近は外国人の観光客が増え、CD買取ショップなどでも
外国人を見かけることが多くなりました。
その店員に聞いた話ですが、CD買取ショップに来ていた客が
同じように客として来ていたアジア系の男性と話をしていて、
養子縁組の話題になったそうです。
海外の養子縁組も最近は非常に盛んで、
特に日本人がアジアの子供を引き取るケースが多いとのこと。
しかしこれには国際的な様々な制約があり、当人同士が納得していても
国際的な手続きが障壁となりなかなか養子縁組が出来ないケースや、
縁組後相手方の親が名乗り出てきて高額なお金を要求してくるケースなど
様々な問題も発生しているとのことです。
アジア諸国はまだ貧しい国も多く、彼らから見ると
日本はいまだ憧れの国であるという事であることを感じました。

アジア各国の水道水漏れ事情

日本は、アジアの中でも水漏れ修理の技術が高い国です。
そのため、アジア各国から、水漏れ対策支援の要請が来ています。
東京都では、ベトナムのハノイ市で上水道の技術協力事業を始めます。
ベトナムでは、水道管の老朽化によって水が漏れて、
水道料金を徴収できない地域が多いのです。
東京都は、ベトナムのハノイ市での水道事業の収支改善を支援し、
漏水発見器などを使った技術を伝えます。
東京都は、これまでも、タイのバンコクや台湾などに、上水道の技術を提供して喜ばれています。
ミャンマーのヤンゴン市では、漏水防止の技術支援や人材の育成を行なって、
素晴らしい成果を残しています。
アジアには、まだまだ水漏れ対策支援が必要な地域がたくさんあるので、
今後も様々な国から水漏れ対策支援の要請が来ると予測されています。

ダイビングは埼玉でも習うことはできるのか?

ここ数年で私の周りにダイビングブームが来ています。
というのも去年フィジーへ出かけて少し潜ったのですが、
海がきれいすぎて「来年はダイビングのライセンスを取ってちゃんと潜ろう!」
という話になったからです。
日本に帰ってきたら自然消滅かな、と思っていましたが、
なんの、一緒に旅をした6人中4人がライセンスを取得したんです。
さすがの私もあせってきたのでダイビングを埼玉で習うことができるのか調べてます。

リオ五輪と育児放棄、光と闇のニュース

リオ五輪などの明るいニュースもありますが、
最近小さい子供の育児放棄などの痛ましい事件が相次いでいます。
中でも驚いたのが産んだばかりの子供を窓から捨てたという話。
泣き声で発見され病院に救急搬送されて一命を取り留めたようですが、
体温23度という危険な状態だったそうです。
母親は逮捕されましたが、世界中で子供にまつわる問題は解消することはありませんね。
光と闇、両方を取り上げていかなければと思います。

豊胸手術をして左太ももに穴?!

中国での養子縁組は「一人っ子政策」により、
養子縁組がどうなっているのかを調べていたのですが、
ふと目に留まった記事。
豊胸手術をしていた中国の女性、左太ももに穴が空く。
記事を読んで、いや、もう、読んでいるこっちが痛くなるようなお話でした。
気になってwikiを見たら豊胸手術を受けているのだとか。
韓国で豊胸手術をした中国人女性が心肺停止して昏睡状態にあるとか。
コンプレックス解消の為に命さらすとか怖いですね。
こういう怖いニュースは海外のばかり聞きますが、
日本の事故はなかなか聞きませんね?技術力や手術機器の違いなのか?

医薬翻訳家夫妻と国際養子縁組

アメリカ人がアジアの子供を養子にするという話をたびたび聞きます。
なぜ同じアメリカ人ではないのかと不思議に思う方もいるかと思いますが、
ひとつは白人の子供が少ないということが挙げられます。
いまだに黒人を受け入れたいという人がおり、
その人たちがアジアの子供を養子にするんですね。
さて、国際養子縁組については私の知人の医薬翻訳家夫婦が経験しているので
個人情報を除いた概要をお伝えしたいと思っています。

駐車場収入と自動販売機設置でメリットを最大限得られればと思ってるみたい。

田舎に土地を持っている伯父さんが、駐車場経営を考えているようです。
伯父さんの持つ土地は人口の少ない場所にあるのですが、
東北新幹線開通で人の出入りが増え、駐車場需要が見込めるようになったのだとか。
駐車場を作るとなるとセットで話が降ってくるのが自動販売機設置。
自動販売機設置のメリットは大きい様で、伯父さんもかなり乗り気です。
伯父さんには養子が一人居るのですが、その子の将来の為にも、
無駄になっている土地を有効活用したいみたい。
上手くいくと良いな。

千葉のリフォーム業者に韓国人スタッフ

確か韓国では同じ名字だと結婚できないのではなかったでしたっけ。
韓国で一番多い苗字といえば金さんですが、
遠い昔は親戚だったといえるからだそうです。
ただし、由来が金海の金さんや慶州の金さんなどで別れるため
同じ金海の金さんが結婚できないということらしいです。
今でもそうなのかな、と調べてみたら法律が変わって
同じ金姓でも結婚できるようになったみたいです。
千葉のリフォーム業者さんに韓国人のスタッフがいるので
今度詳しく聞いてみようと思います。

富裕層が不摂生で腎不全治療を受けることになって。

許されざることではありますが、人身売買や臓器売買は今でも世界で起こっています。
養子ではありませんが、臓器目的で子供を産むということも存在します。
例えば、アジアの富裕層が今までの贅沢な食べ物ばかり食べた上、
不摂生で腎不全治療を受けることになって、移植を望むも臓器が入らず、
貧しい家の子供や貧しい人の臓器を買いとって自らの治療に当てるとしたら、
傲慢という言葉では足りないくらいの非人道的な罪を負わざるをえません。
選民思想と富裕は、切っても切れない関係にあり、自らを特別扱いしたくなるのはわかりますが、
他人を人とも思わないことは別の問題です。

交通事故専門の弁護士がいるように養子専門の弁護士がいて。

アジアの養子の多くがアメリカに渡っています。
この事実を知って、なぜアメリカへ渡るのか?
なぜアメリカ国内の子供を養子にしないのか?
という疑問が出てくるのは自然であると思います。
まず、なぜアメリカ国内の子供なのかですが、
いくら養子にだしたからと言ってもアメリカでは生みの親の権利が強く、
交通事故専門の弁護士がいるように養子専門の弁護士がいて親が権利を主張。
せっかく養子に迎えたのに親が普通に会いにくるということもあります。
そしてなぜアジアかというと、アメリカの養子の親の多くがドラック中毒などで、
子供が健康とは限らないから。
この二つの理由から、アジアの子はアメリカへと引き取られていきます。
生まれは選べないとは言いますが、養子でも差があるのですね。

予定外の漏水工事で痛い出費になりました。

海外のセレブリティの様に外国から養子を迎えるといった話、
日本ではあまり聞きません。
同じく裕福な国でいわゆるセレブも多いと思うのですが、
お国柄なのか法律が難しいのか。
そんな中でも有名になったのが杉良太郎です。
私がそのニュースを知った時点でも、確か70人以上の養子が居たはず。
海外セレブも真っ青の肝っ玉ぶりです。
自宅の漏水工事の費用をねん出するにも
ひーひー言っている私にはとてもまねできないことですが、その心意気に憧れます。

ラーメン激戦区や古物市場が集中する街があるように。

中国の不穏な動きが見え隠れして、世界各地にある中華街を見る目も
少なからず変わりそうな気配です。
中国の人口は約13億人おり、日本の約10倍。
その膨大な数の中国人は世界に散らばっており、各地に中華街や中国人街があります。
イギリスで中国人しか住んでいない街があって社会問題化しているというニュースを以前見ました。
中国人は家族愛が強く、移動する際も一家でということが多く、
コンドミニアムを形成しやすいのです。
ラーメン激戦区や古物市場が集中する街があるように同一民族が膨れ上がり街となるわけです。
日本も中華街、中国人街がありますから不穏な動きは早く収束してほしいものです。

武蔵小杉の賃貸でネームロンダリング。

以前、アジアで自分の子供を何千人と産ませようとした御曹司がいましたが、
ダークな面もあるのが養子縁組実態の一つに上げられます。
日本もご多分にもれずそうですが、犯罪として養子縁組が利用されることもあるのです。
これはいわゆるネームロンダリングというもので、
過去の犯罪歴やクレジットカード歴などを隠そうとする行為です。
武蔵小杉の賃貸でも、ネームロンダリングと住所変更を繰り返した犯罪者がいたと
聞いたことがあります。
現在は、マイナンバー制の導入でこういったネームロンダリングを封じれる可能性があると
期待されていますが、社会の仕組みの盲点を突くのが犯罪者なので、
イタチごっこにはなるでしょう。